スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
採卵後の診察(プラノバール1週間目、2週間目)
お休み前最後の診察記録です顔

9月11日(木):すえたん先生

この日は内診もなかったので、かなり早く進みました。それにすえたんはいつもぶっちぎりで進みが早いですよねsc06

S先生:「FSHは順調に下がっていますし、P4も十分出ています。でもLHが高いね。これ(FSH)と同じところから出てるはずなのに、10倍も違う。次の経過を見る必要があります」

私:「はい、この後はしばらくお休みしたいと思ってるのですが・・・」

S先生:「今日は採卵の後始末(って言ってた気がします汗とか)の話で、これからのことを話す時じゃないから笑う

私:「はい・・・ ̄□ ̄ありがとうございました」

すえたん相変わらずクールです・・・。この日のホルモン値は

E2:348 LH:16.5 P4:35.6↑ FSH:1.8  でした。
確かにLH、排卵前!?ってくらい高いですね・・・汗



9月18日(木):またもやすえたん

今日はS原先生がいいなあと思って行ったのですが、またもやすえたんでした。結局7:2:1くらいですえたんに一番お世話になりました(2が院長先生で1がS原先生ニコニコ。 正面)内診では左の卵巣に2.7ミリの残卵がありました。いつもはこの時期ほとんど卵が見えなくなっているのですが、やっぱり誘発した影響なのでしょうね。

S先生:「前回高かったけど、ちゃんと下がってきましたね」

ホルモン値は

LH:0.9 FSH:0.8 でした。

S先生:「この後お休みしたいんだったね。そしたら今度は始めたい月の3日目に来てください。その時基礎体温表も持ってきてください」

基礎体温表!?つけてません・・・汗とか多分つけないだろうなあと思いつつ・・・

私:「はい、あの、左の卵巣には大きな内膜症がありますが、右は大丈夫でしょうか?」

S先生:「そうだね、右は特に問題なさそうだね」

私:「はい、ありがとうございました。」

この日のすえたんはちょっと優しかったですうふ超音波の写真を見ていて、右にも影があるような気がしたので思わず聞いてしまいましたsnお休みの間も右の卵巣はこのままの状態でいてくれますように・・・。

というわけで、2日ともすえたんだったこともありかお最後の通院はとてもあっさりしたものでした。

もしかしたら休みの間もピル飲まされるのかな・・・と思っていたのですが、どうやら飲まなくても良いみたいです。それならあの長い調整期間も最初はピルなしでいきたかったな~とちょっと思っちゃいました大泣き確か採卵の日にもS原先生にピルについて聞いたのですが、その時も「ピルを飲むのは採卵の前に残卵をつぶすためなんです」というようなお答えだった気がします。

次治療を再開する時には、できれば採卵前にだけピルを飲んで残卵を徹底的に潰してもらって、それ以外はできるだけ薬なしでいきたいなと思いました。今度からは一回ごとの治療になるので、もしかしたら希望も言えるかも、とちょっと期待していますはずかちーv

最後に受付で助成金の書類をお願いして、約10ヶ月にわたる私のクロミフェン周期が終わりました。しばらく来なくていいんだなと思うと嬉しい様な寂しいような気持ちになりましたが涙次またここに来る時は今日よりも絶対心も体も元気になっているはずと自分に言い聞かせ、クリニックを後にしましたにっこり

スポンサーサイト
[2008/09/25 20:26 ] | クロミフェン周期⑨(3回目採卵周期) | コメント(11) | トラックバック(0)
4回目の採卵③
長くなってしまってごめんなさい謝罪~!

今日でしばらく夢クリともお別れかなと思っていたのですが、S原先生から「今回お薬を飲んで誘発したので、ちゃんと残卵を消しておかないと次の周期に影響を及ぼすことになります」と言われ、いつものようにプラノバールを14錠渡されました。最初マーベロンを渡されかけたのですが、「この頃はずっとプラノバールをもらっています」と言うとすぐに変えてくれましたカプセル最後に次回は1週間後(9月11日)と2週間後(9月18日)に診察に来るように、それから「次採卵したい月の1ヶ月前(もしかしたら2ヶ月前って言われるかも)の3日目に来てね」と言われました。

診察後、「スプレキュアが半効き大泣きだったのは、スプレキュア自体に問題があった可能性がある。今しっかり効かせていないと、これも次の周期に影響してしまう」とのことで、処置室で新しいスプレキュア(3本目・・・)をもらってうちました。

会計まで終わって夢クリを出たのが11時過ぎ頃だったでしょうか。夫は午前中休みを取ってくれていたので、二人でマロニエゲートまで歩いて行ってランチをして、その後ついでに映画「20世紀少年」を観ましたはずかちーv実はあまり期待していなかったのですが、結構面白かったです。原作もさらっとだけ読んでいたのでストーリーは大体わかっていたのですが、もう一度しっかり読みたくなりましたsc06

食事中も映画の時も、今回の結果についてはお互いあまり触れず、何事もなかったように過ごしていたのですが、夫と別れ一人電車で家路に着く頃になって、急に気持ちが沈んできました涙

治療を続ければ続けるほど悪くなるホルモン値。4周期5ヶ月にも及ぶ調整を入れた後だったのに、見えた卵の数は前回の3分の1以下で、中身は全部空っぽ・・・。私の体にはもういい卵を作る力は残っていないのではないか?このまま治療を続けていくことに意味はあるのだろうか?そう考え始めると子どもが欲しいと強く願っていた気持ちにすら確信が持てなくなり、何もかも投げ出してこのまま終わりにしたいという衝動にかられました涙

ここから先の細かい話は「10ヶ月ぶりの・・・①②③」に書いたので省略させてもらうことにして(限定記事ですみませんsn)、結論としては、今後2周期、11月下旬までは治療から完全に離れて好きなことだけをして過ごそうと決めましたにっこり季節はすっかり秋ですが、これから2ヶ月は私にとっては4年目にして初めての「治療の夏休み」ですキラキラ(オレンジ)

お休み前ラスト2回(11日と18日)の通院については次回アップしますねsc06
[2008/09/23 08:36 ] | クロミフェン周期⑨(3回目採卵周期) | コメント(6) | トラックバック(0)
4回目の採卵②
卵が少なかったからか、ベッドでの休憩時間も20分ほどで、夫と一緒に4階で待つように指示されました。

3階に夫を迎えに行った時、夫の困ったような悲しそうな笑顔を見るとまた涙が出そうになりましたがぐっとこらえました涙

最初はまた内診だろうなと思って待っていると、診察室から呼び出しがかかりました。

S原先生:「卵は残念ながら全部中身がありませんでした」

私:「はい・・・」

S原先生:「でももしかしたらスプレキュアが効いてなかったという可能性があるので、採血して調べてみてもいですか?今日はお時間大丈夫ですか?」

私:「ええっ驚くそうなんですか。お願いします・・・。」

S原先生:「それではまた外で待っていてください。結果が出たらすぐに呼びますので」

その後採血に呼ばれ、そのまま4階で待つように言われました。きっとここから30分は待つだろうなと覚悟していたのですが、多分20分も経たないくらいで今度は内診に呼ばれました。

内診の後、またすぐに2番の診察室に呼ばれました。

S原先生:「ティアレさんね、これはスプレキュア効いてないわ」

私:「そうなんですか・・・ ̄□ ̄

S原先生:「いや、全然効いてないわけじゃないな、半効きやね(←S原先生も関西?)」

私:「半効きですか・・・orz

S原先生:「(血液検査の結果を見せながら)普通採卵した後にはこのE2の値が半分くらいにならなければいけないんですよ。ティアレさんの場合はこれが2日前の872から553にしかなっていない。本当だったらもっと下がっていていいはずなんです」

ホルモン値は

E2:553 LH:9.2 P4:0.7 という結果でした。

私:「卵が採れなかったことと、この結果は関係あるのでしょうか?」

S原先生:「うーん、それは何とも言えません・・・。いや、でも半効きだとしても未熟卵は採れるはずなので、やっぱり今回は元々用意されていた卵が最初から空だったと考えた方がいいでしょう」

その後かなり時間をかけて、どうやって卵が作られるのかということを説明してくれました。若干記憶が曖昧になっているので間違っているところがあるかもしれませんが汗とかまとめると、生まれた時からすでに卵は全て準備されていて、毎月その冷凍保存された卵の一部が解凍されて出てきているようなものなんですというお話でした。その用意された卵があまり良くない卵だったというのが、今回の結果の原因だったようです。確か卵のリクルートがうまくいっていなかった、みたいな表現をされていました。

その後も徐々に大きくなりつつある内膜症への不安や私の小さな質問にも一つ一つ丁寧に答えてくださって、「ああ、今日はこの先生に採ってもらえて本当に良かった泣と思いました。

印象的だったのが、「こちらでいい卵を用意してあげられたらいいんですけど、残念ながらそれはできないんですよね。体外受精というとすごく進んだことをやっているようなイメージをもたれていると思うんですけど、実際は体が持っている力をサポートしてあげてるだけで、とても受身なんです」という言葉でした。

今回の結果は私の体が良い卵を作る準備ができていなかったからなんだと、すごく納得しました。

最後にこの後2~3ヶ月はお休みをしたいという話をすると、カルテを最初から見直してくれて、「FSHが高いね、年齢のわりに卵巣機能が落ちてるみたいだね。この年だったら本当はもっと卵が見えてもいいはずなんです・・・。確かにこの治療は急ブレーキと急アクセルの繰り返しみたいなもので、体に負担をかけていることにはなってるんです。ティアレさんにとっては少し休むのも良いことかもしれませんね」と言ってくれました。でも「1年も休んじゃ絶対ダメね」と釘を刺されましたsc06

またもや長くなってしまったので、その後の気持ちは③で…
(引っ張っちゃってごめんなさい謝罪~!

[2008/09/22 23:11 ] | クロミフェン周期⑨(3回目採卵周期) | コメント(0) | トラックバック(0)
4回目の採卵①
9月4日(木)は運命の採卵日でした。かなり前のことなので、すでに記憶が曖昧なところがあるのですがsn思い出せる限り書いてみようと思います。


当日は7時20分に受付で、そのまますぐに5階に行くよう指示されました。この日の採卵は確か8人で私は5番目でした。

採卵も4回目ともなれば慣れたもので汗とか着替えてからはベッドに横になりながら「ゆめノート」をじっくり読ませてもらいました。もちろんお会いしたことはない方々ばかりですが、お一人お一人の思いが伝わってきて涙が出ました涙どうかここにいる人全ての夢が叶いますに、と願わずにはいられませんでした。

しばらく待って、いよいよ私の番が回ってきました。

オペ室に入ると、椅子に座ったS原先生と、見たことのない先生と立ち話をしている院長先生が見えたので、今日の担当はS原先生だとわかりました。前回もそうでしたが、私の前の方までが院長先生だったようです。

前にS原先生に採ってもらって大変だったお友達の話を聞いていたので、「うわ~痛かったらどうしようマジですか・・・」と一瞬不安になりました汗

その後いつもの手順で採卵がスタートしました。

最初は痛いと評判の消毒ですkao06
実は私はこれまでもあんまり痛いと感じたことがなかったのですが、今回も最初だけ一瞬「アイタタ謝罪~!」と思いましたが、あとはほとんど痛くありませんでした。

次に麻酔の注射を打ち・・・
これも一瞬だけ何か刺されてる感覚はありましたが、ほぼ無痛でした。

そしていよいよ採卵開始ですbikkuri01
最初の1個を刺されている時は緊張からか体が固くなってしまいましたが、それでも痛みは全くありませんでした。2個目3個目はモニターに映し出される映像をずっと見ていたため、気がついた時はもう終わった後の消毒?に入っていました。卵が少なかったこともありますが、拍子抜けするくらい楽な採卵でしたうふ

S原先生の採卵もとーってもお上手だと思いますピース


気になる結果ですが、モニターをずっと見ていても卵らしきものは一度も映らなかったので「やっぱりダメだったか大泣きと一気に力が抜けましたorzもっとショックで泣けるものかなと思っていたのですが意外に冷静で、ぼんやりと「ああ、3回目はあっという間に終わっちゃったなあ」と考えていました。

ベッドに戻った後、夫に「やっぱりダメだったみたい・・・」とメールをしました。夫は私のメールの直後に受付の方から結果を聞かされたようでした。予想通り、卵は全て空胞でした。夫から「今までいっぱい頑張ってくれて本当にありがとう」というメールが来た時、初めて涙が出ました。

長くなってしまったので続きは②で・・・

[2008/09/22 21:37 ] | クロミフェン周期⑨(3回目採卵周期) | コメント(0) | トラックバック(0)
採卵までのこと
毎度のことながら、すっかりご無沙汰してしまいました。ここ1ヶ月くらいで本当にいろいろあって・・・気持ちの整理をしながら少しずつ書いていこうと思います。

まずは採卵周期のその後の経過から・・・

かなり時間が経ってしまったので、一気にまとめて書いちゃいますね。

D9(8月31日):すえたん先生

ホルモン値
E2:285 LH:12.5 FSH:7.5

卵の大きさ:12.6、 14.3、 13.4ミリ

「9日目にしては大きいですね、でもE2も順調に伸びてます。E2が伸びてFSHが下がってきたので、3つ確実に採るためにフォリスチム(150単位)を打ちましょう。自分のホルモンだけだと一個しか採れないことになるかもしれないから」


D11(9月2日):S原先生

ホルモン値
E2:872 LH:11.5 FSH:8.5

卵の大きさ:19.8、 18.7、 17.1ミリ

「卵もいい大きさになったので今日スプレキュアして明後日採卵しましょう。セロフェンはもう終わりです。3つ全部採れたらいいですね」

この時、卵の成長具合、ホルモン値が一回目のクロミフェン周期採卵(空胞)の時と全く同じ感じだったので、空っぽではないでしょうか?と聞いてみたのですが、「ここまで来たら採るしかない、ここで辞めたら一回分無駄にすることになるよ」と言われました謝罪~!

でも、少なくとも治療を始めてからのこの4年間を振り返ってみても、D13で排卵なんてことは一度もなかったので、これはきっとダメだろうな・・・とすでに諦めの気持ちで採卵の日を迎えましたうーん

 

[2008/09/19 16:32 ] | クロミフェン周期⑨(3回目採卵周期) | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。