スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
D10 1年半ぶりの卵
今日は1時間だけ休みを取って、夕方夢クリに行ってきましたにっこり5時半頃到着で番号はなんと170番台でしたえぇきっと午前中はかなりの混雑だったのでしょうね…。


人は少なかったのですが、採血から内診までには意外と時間がかかり、1時間くらい待ちました。今日は3人体制だったので「S原先生・・・S原先生・・・笑うと念じていたのですが、やっぱりいつものすえたんでした~うふ


今日の内診でもまた一つ驚くべきことがありましたbikkuri01

ヒーリングを始めてから、内膜症の下に卵胞が見えることはあったのですが、いつも「これは位置的に採れない」と言われていました涙それが今日はなんと、内膜症の隣に卵胞が育ってきていましたさくら

この位置にできたのは転院してすぐの1回目の完全自然周期の時と、1回目のクロミフェン周期の時以来なので、かれこれもう1年半ぶりですkao03その後は内膜症が大きくなりすぎて、左からは卵が全く採れなくなってしまいましたsn

昨日の婦人科の先生の意見と今日のこの結果から、やはり内膜症が小さくなりつつあることはもう間違いないと思います笑い。

画像を載せるとわかりやすいのですが、ちょっと加工に時間がかかるので、それはまた後日改めて…。

その後の診察では

すえたん:「嚢腫の隣に卵ができているね。E2はまだ低いのだけど、LHがいつもじわじわ上がってしまうんだったかな?」

私:「はい大泣き

すえたん:「これがこのまま上げ止まってくれて卵がもう一回り大きくなってくれればいいけど、採卵できるかどうかは明日も来てもらってかからだね」

私:「明日もですか…」

すえたん:「そうです」

私:「ありがとうございました」

ホルモン値は

E2: 133 LH:18.4 P4:0.7 FSH:8.8   でした。

今日のすえたんは髪を切ったばかりなのかサッパリしていて、トレードマークの赤メガネも外してましたようふ口調もいつもよりどことなく優しい感じでしたkao01

そうそう、先生の名前が書いてあるプレートに一人新しい人が加わっていましたニコニコ。 正面とうとう3番診察室が埋まったということなのでしょうか。どんな先生なのか楽しみですBrilliant個人的にはS原先生タイプが希望です~ニコッ♪

話がそれました汗とか

明日採卵が決まったとしたらまたD13での採卵ということになります。いつものようにじりじりと上がりかけているLHとD13での採卵ということを考えると、過去の流れからも今月は見送った方が良いかなと思いました。

すぐに処置室に採卵をキャンセルしたいということを伝えると、先生に確認してきてくれて、「それでは次はまた生理の3日目に来てくださいとのことです」と言われましたkao03

・・・というわけで、今月はここで終了ですにっこり

次回はゴールデンウィークと採卵がちょうど重なってくれそうなので、ドミノで移植に踏み切るか、採卵だけにするか、これからゆっくり考えてみようと思っていますニコニコ。 横向き
スポンサーサイト
[2009/04/08 22:39 ] | 通常料金⑤(完全自然周期・採卵見送り) | コメント(2) | トラックバック(0)
D3 2つ目の卵
今日は11時10分までに上野に行かなくてはいけなかったため、朝8時ちょうどくらいに夢クリに到着しました。ちょっと予定より遅くなってしまったけど、まだそこまで混んでいないだろうな~と思いつつ受付機を通してびっくりえぇすでに60番台でした汗とか

さすがに今日は遅れるわけにはいかないので、ダメもとで最初に出す紙にできれば10時40分くらいまでにはここを出たいですと書きました。あと一つ相談したいこともあったので、そのことについても書いておきました。

すると処置室の看護師さんに呼び出され、一人を認めてしまうと全員を認めなければいけなくなるので時間の約束はできないこと、今日の進み具合だと間に合わない可能性があることを告げられました。当然おっしゃる通りですsn

それならば採血だけして、夕方結果を聞きに来ても良いでしょうか?と聞いてみましたが、採血をしたら必ず結果まで聞いて帰らなければいけないらしく、それもダメでした。結局今日の夕方か明日出直して来る方が良いという結論におさまりかけたのですが、採血が無駄になっても良いのでギリギリまで待たせてくださいとお願いして待つことにしました。やり取りの途中で、看護師さんには何度も先生に聞きに行ってもらって本当に申し訳なかったですkao06途中なんとS原先生自らが処置室まで来てくれたりしました大泣きほんとにお騒がせな患者ですorz

というわけで受付機を通してから採血までに約1時間かかりましたが、その後は思いのほか早く40分ぐらいで4階呼び出しがかかりました。kao03

今日もきっとすえたんだと思っていたのですが、先ほど看護師さんが聞きに行ってくれていたのはS原先生だったから、もしかしたらS原先生かもうふと期待して内診台に上がると、カーテンの向こうにS原先生の姿がbikkuri01

左の卵巣に5.5ミリの卵と右に20.9ミリの巨大卵が見えましたびっくり最後に「採卵の話は後で相談しましょう~」と言われて内診が終わりました。

今日紙に書いたもう一つの相談というのは、移植時に卵の戻りが悪く結局化学流産になってしまい、その後1年間(それだけが原因ではないと思いますが涙)卵が採れなかったことを考えると、移植までにあと一つ卵を作っておきたいと考えていることそのために、空胞の確率を減らす目的でできれば一度調整をはさんで採卵してみたいと思っているということでした。今月調整で来月ドミノ移植ができればいいなと思っていました。

その後の診察では

S原先生:「この右に見えてるのは黄体やね。あと調整のことやけど、自然周期の前の調整というのは基本的にはやらないんよ。調整をするのはその後刺激するためのものであって、よっぽど周期が乱れているという時には使うこともあるけど、自然周期の場合は体が自分で選んだ卵を採っていくものだから」

私:「そうですか・・・。でも私は自分の体があまり信じられないので大泣き

S原先生:「(カルテをめくりながら)ティアレさんはホルモン値がかなり悪いみたいやね。年齢のせい…ん?年齢はまだ若いのにね。でも今のところちゃんと自分で卵を作ろうとしているから…調整はかなり強いものだから、これで調整したら卵が出なくなっちゃうかもしれないよ。逆に薬を使わないと排卵しなくなってしまうかもしれない。ティアレさんの場合は薬を使わないのではなくて、使えないんです」

私:「そうなんですか驚くそれでは見えている卵を採っていくしかないということですね」

S原先生:「そうですね。卵を作っておくことはできるので、とりあえず今月は採卵周期ということで進めていきましょう」

私:「はい。でも13日目までに排卵する時は多分カラなので、その場合は採卵キャンセルにしてもいいですか?」

S原先生:「うーん、そういう傾向は確かにあるかもしれないけど、それは何とも言えないんやけどね~。でもそれでもいいですよ。次は8日の午前中で」

私:「あ、午前中はちょっと仕事で来られない可能性が…」

S原先生:「午後だとLHの調整ができないから不利になってしまうんだよね。お仕事の都合もあると思うけど、できればやっぱり午前中で」

私:「はい、ありがとうございました」

今日のホルモン値は

E2:55 LH:9.0 FSH:11.6  でした。

FSHがやや高めですが、久しぶりにE2がちょうど良い感じですにっこり完全自然周期の採卵を始めてから毎月黄体が残るようになったのですが、もしかしたら何か関係あるのかな?

S原先生にはすごく丁寧にたくさん教えてもらったのですが、全部覚えきれなかったのでもしかしたら微妙に内容が違っているところもあるかもしれません汗とかもし間違った内容を書いてしまっていたら教えてくださいね~!

調整できなかったのは残念でしたが、S原先生の丁寧な説明のおかげで納得できましたニコニコ。 横向き今月は採卵周期ということで進めていくつもりですが、仕事の関係もありこの先どうなるかまだわかりません涙土日のどちらかの採卵になってくれたら嬉しいんだけどなあBrilliant

今日は他にも書きたいことがたくさんあったのに、これだけですっかり長くなってしまいましたsn続きはまた明日にしますね~ニコニコ。 正面
[2009/04/01 20:56 ] | 通常料金⑤(完全自然周期・採卵見送り) | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。