スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ラスト30分
あと30分くらいで日付が変わります。実は明日は私の32歳の誕生日なのです

不妊治療の世界に初めて足を踏み入れたのは28歳の6月、2ヵ月後に迎えた29歳の誕生日の日、義理の弟のところに赤ちゃんが生まれました。あの頃は羨ましくて悲しくて悔しくて、1年365日もあるのに、なんで同じ誕生日なの・・・と泣きました。

1年後の30歳を迎えた直後、覚悟が決まらないままKLCの門をくぐりました。しかし結局一度も体外に挑戦することなく、漢方治療にのめりこんでいきました。

そして去年の31歳の夏は、地方に常駐の仕事で心身ともに危険な状態にあった夫の心配と引越し後の片付けで治療のことを考える余裕はありませんでした。

そして32歳になろうとしている今、私は少しでもゴールに近づけているのかな?

今週末は義理の実家で私と甥っ子ちゃんのお誕生日会を開いてくれることになっています。

今年で3才になる甥っ子ちゃんの成長を見るたびに、自分の治療歴の長さを実感します。

いつ終わるともわからないこの長く苦しい治療生活の先には、きっと明るい未来が待っていることを信じて、気持ちも新たに、新しい年を迎えたいと思っていますsc06

スポンサーサイト
[2008/07/31 23:28 ] | 思うこと | コメント(16) | トラックバック(0)
父からの電話(今日も長いです)
今日も9時から8時まで働いてきました~。仕事自体は7時頃に終わったのですが、思わぬアクシデントがあって職場を出たのは8時過ぎ ̄疲れて晩御飯を作る気力がなくなったので、この後夫が帰ってきたら近所のお店に食べに行こうと思っていますjumee

昨日採血後3階で待っている時、携帯に電話がかかってきました。バイブにしているので、いつも外出中はあまり気がつかないのですが、この日はたまたま目に留まりました。実家の父親からでした。携帯に電話をかけてくることはほとんどないので、何か良くないことでも起こったのかと心配になり、フロアを抜けた一番先にある扉を開けた階段の踊り場のところで電話をかけなおしました。

最初はたわいもない話だったのですが、途中から子どものことはどう考えてるの?と直接尋ねられました。

「きっといろいろあるんだろうと思うけど、ティアレは本当は子どもが欲しいんじゃないの?お父さんも早くそうなればいいなと思ってる」
と言われました。

前にも書きましたが、実家の両親には不妊治療をしていることは一切話していません。子どものことを振られても、できるだけ興味がないふりをして「そのうちね」とごまかしてきました。だから父からいきなりそういう話を切り出されて、正直とても戸惑いました。

でもまさに治療の最中であることを実感させられる場所にいたせいなのか、あの瞬間が話すタイミングだったのかわかりませんが、これまで頑なに話すことを拒否していたとは思えないくらいすんなり「実は3月くらいに流産して、今はお休み中なの」と言ってしまいました。

父は本当に驚いたようで「そうだったの・・・」とその先の言葉が続かない様子でした。

電話を切った後は「ああ、言っちゃったなあ」という気持ちと、「やっと言えてよかったなあ」という気持ちが入り混じった、何ともいえない複雑な心境になりました。

その後、伝え切れなかった気持ちを伝えるために、父にメールを打ちました。

「いろいろありがとうね。○○くんも○○(実家の町)に帰れて喜んでたよ。

それから子どものことだけど、私たちもずっと前から欲しいと思ってきました。でもなかなかできなくて、やっとできたと思ったら化学流産だったから、本当にうまくいかないものだよ。

でも○○くんはとても子ども好きだし、家庭やプライベートを大切にするために仕事をしているって言ってくれているくらいだから、ちゃんと真剣に考えてくれているよ。もちろん私も同じ。私がアメリカから帰ってすぐに正社員の仕事を探さなかったのは、子どものことを第一に考えたかったからです。

お父さんたちや○○ちゃん(姉)にはなかなか想像がつかないかもしれないけど、世の中には子どもが欲しくてもなかなかできなくて、私なんかよりももっと辛くて苦しい思いをしている人もたくさんいます。

ずっと言ってなかったけど、きっとお父さんもお母さんも心配してくれているんだろうなと思うと、いつもとても胸が痛みました。本当にごめんね。

実は義理の両親にはずっと前から事情を話して、いろいろ相談に乗ってもらっていました。でもお父さんたちは距離的にも離れているし、変に心配かけたくないなあと思って今まで黙っていました。

こんなことを話してしまうとどうしても気になってしまうと思うけど、もうしばらく気長に見守っていてください。きっと私たちには私たちのタイミングがあるのだと思います。

○○くんも私も、諦めなければいつかうまく行く日が来るって信じてるから。長々と書いちゃったけど、私たちは今のままでも十分幸せで、楽しく暮らしているので、どうか安心してください。」


メールを打ちながらなぜか涙があふれてきて、何度もトイレに行って涙を拭きました

夕方父から返信が入っていました。

「ティアレ、ごめんなさい!メールの扱いに慣れていないものだから、最後まで読んでおりませんでした。いままでなんで赤ちゃんが欲しくないのかなと思っておりました。本当のことを言うと、○○くんとティアレの赤ちゃんを心から抱きしめたいと願っておりました。ティアレたちも同じ気持ちだと知って、気持ちを共有することができました。話してくれてありがとう。○○くんにもよろしく伝えてください。   父より」

また泣けてきました。今私にできることを精一杯頑張ろうと改めて思いました。

[2008/07/30 21:49 ] | 思うこと | コメント(12) | トラックバック(0)
D13 診察(長文です)
今日は10日ぶりの通院日でした。スプレキュアを持ってくるように言われていたのですが、この暑さなので保冷剤とかつけたほうがいいかな~と思いつつ、時間もなかったのでそのままカバンに入れてしまいました。


夢クリ到着は9時半過ぎ。受付番号は60番台でした。前回も少し書きましたが、私は針が苦手な上に血管も細いようで、いつも針を刺してから血を吸い上げる(?)まで時間がかかりますそのため毎回針を刺された瞬間、特別痛いわけでなくても思い切り「ビクッとしてしまいます。今日も大げさにビクッとしてしまったので、「苦手なもので、すみません・・・」と謝ると、「いいんですよ、苦手なんですものねと優しく返してくれましたいつもご迷惑おかけして本当に申し訳ないです・・・。

そうそう、採血に呼ばれる前に処置室へ呼ばれ、一体なにごとか!?と驚いたのですが、前回採った感染症の検査結果のことでした。HIVを含む5項目の検査結果全て陰性でした

その後3階で待つこと2時間あまり、ようやく4階に呼ばれました。今日は院長先生とS原先生の二人体制でした。4階の処置室に声をかけたら、チョコレート膿腫破裂未遂騒動の時にお世話になった看護師さんがいて嬉しかったです私が「あっ」という顔をすると、看護師さんもニコッと笑いかけてくれましたheart02改めて、いつか卒業できた時には、絶対この看護師さんにはきちんとお礼を言いたいなあと思いました。

内診に呼ばれ、今日はきっとS原先生だろうなあ、久々に「よいしょ」が聞けるかなと思って待っていると、聞えてきたのはなんと4ヶ月ぶりの院長先生の声でしたbikkuri01

院長先生:「ティアレさんね、(左の卵巣を見ながら)こっちは内膜症があるんやね。(右の卵巣に移動して卵の大きさを測って)はい、いいですよ~」

右の卵巣に16.2ミリの卵が見えました。

それからしばらくして、これまた4ヶ月ぶりに1番の診察室に呼ばれました。院長先生の後ろには新しい先生?研修に来られている先生?(わりとベテラン風の先生でした)がおられて、私が入ってからもしばらく二人で和やかにお話されていましたsc06

院長先生:「今月はリセットで良かったんだっけね」

私:「はい」

院長先生:「そしたら鼻にシュッシュッとしたらいいんですよまだ卵が小さいから明日かな~」

鼻にシュッシュッって(笑)ちょっとかわいいですよね。ワハハ。新しい先生がいたせいか、久々に会う院長先生は妙にテンション高くて面白かったです

今日のホルモン値は

E2:215 LH:20.5 P4:0.5  でした。

予想ではまたLHがぐーんと伸びて40とかになってるんだろうなあと思っていましたが、前回の14からあんまり上がっていませんでした。

院長先生:「(前周期のFSH22.7を指差しながら)この数値が気になるね。これまでにこんなに高くなったことはないでしょ。卵巣が弱りかかっとるんかもしれんね

私:「はい、マーベロン19日飲んだ時に上がりました」

この後、研修?に来ている先生に「卵巣が弱っとると、マーベロンの反動で数値が上がってしまうことがあるんです」など、色々と専門的な説明をされていましたが、内容までは覚え切れませんでした

院長先生:「そしたら薬をちょっと弱めようかね。(机の中から薬を出しつつ)マーベロンじゃなくてプラノバールにして・・・」

私:「あの、プラノバールでリセットでも来周期採卵できるのでしょうか?」

院長先生:「(プラノバール2錠の小さいシートの隅をカットしながら!)それはできるだろうねえ。次は7日と14日ね」

前回は確かマーベロンでリセットしないと採卵周期には入れないと言われたような気がしたのですが、私の卵巣の状態がマーベロンに耐えられないほど悪いので変更してくれたのでしょうか ̄またマーベロン19日は怖いなあと思っていたのでちょっとホッとしましたが、よくよく考えるとあまり良いことではないのだろうなと思いました

私:「はい、ありがとうございました」

部屋を出る時も研修?の先生に「マーベロンはキレがいいんですよ。スパーッとキレるんですけど、卵巣が弱ってたら反動で上がってしまうから・・・」とさっきの続きを話していました。スパーッとキレるのは一体何なんだろうなあということも気になりましたがやはり私の卵巣の状態はあまり良くないんだということがわかってショックでしたo終わってから、次に院長先生に当たる機会はいつになるかわからないので、卵巣機能の低下には左にあって増大し続ける内膜症も影響しているのかどうかも聞いておけば良かったな~と思いました。

というわけで、明日の夕方6時にスプレキュア(右→左→右)をして、明後日7月31日の夕方から14日間プラノバールでリセットすることになりました。マーベロンの時と同じように、1週間ごとに診察があるみたいです。

診察の後処置室でいつものように薬の確認をして、会計まで終わったのが12時40分くらいでした。エレベーターで一階に下りながら、弱った卵巣からはまた弱い卵しか採れないのかも泣と思うとまた怖くなってきて、エレベーターを下りたところで鍼灸院に電話をして午後の予約を取りました。すっかり長くなってしまったので、続きは次回・・・。

ショックなこともありましたが、今日は院長先生に診てもらえて、薬のことを考えてもらえて良かったと思いました。不安はかなりありますが、とにかく前向きに、できるだけいいイメージをもって次の採卵に臨まなきゃですよね

明日も朝から夕方までバイトです!そういえばスプレキュアをしなければいけない時間もバッチリ仕事中でした何とか抜け出してトイレに駆け込もうと思います

[2008/07/29 20:47 ] | クロミフェン周期⑧(お休み周期④プラノバール19日) | コメント(4) | トラックバック(0)
ばたばたしてます
いただいたコメントへのお返事も書けず、みなさんのところへも遊びにいけないまま時間ばかりが過ぎていきます先週から始まった仕事が思いのほか忙しく、すっかり余裕がなくなってしまいました

今回の仕事もまたもや塾講師です。経験者ということで、研修もそこそこにいきなり初日から授業に入りました。でも前の職場とは教え方もシステムも全く違う環境に戸惑いっぱなしで、家に帰る頃にはすっかりくたくたです

数日経ってようやく仕事に慣れかけててきた今なのですが、今度は明日から1週間ほど家を空けることになりました。お返事とみなさんのところへの訪問がまたもや遅くなってしまうこと、どうかお許し下さい大泣それでは行ってきます!!

[2008/07/22 21:56 ] | 思うこと | コメント(4) | トラックバック(0)
D2 診察
書きたいことはたくさんあるのに、いろいろあって10日に1度くらいの更新になってしまっています・・・かおコメントへのお返事がまた遅くなってしまっていてごめんなさいね。これからフラなので、帰って来てからゆっくり書かせていただきます。すっかりご無沙汰してしまっているみなさんのところにも遊びに行かせてもらいますね~sc06

まずは昨日の報告から。午後から仕事(できることになりました~ニコニコ。 正面)が入っていたので、9時頃までには入ろうと思っていたのですが、到着は9時半頃。受付番号は80番台でした。でもそこから採血に呼ばれるまでになんと40分くらいかかりましたびっくり

採血と言えば、名前の確認をしながらふとテーブルを見ると、容器が3本置いてあるではありませんか・・・驚くHIVの検査だけだとばかり思っていたのですが、感染症の検査だったらしく、他にも5~6項目調べることになっていたみたいです。

私はどうやら血管が細くて採りづらい体質のようなのですが、看護師さんは「三本いっぺんなのでちゃんと採れる場所探しますね」と言って、いつもの倍以上の時間をかけて丁寧に準備してくれました。しかし、1本半ほど採ったところで勢いが弱まってしまい ̄□ ̄さらにちょっと気分も悪くなってきたので、一旦針を抜いて反対の腕でやり直すことになりました。その時も親切にも「ベッドでやりましょうか?」と声をかけてくれて、私の血管が採りづらいだけなのに、「本当にすみません」と何度も謝ってくれました。夢クリの看護師さんは本当に良い方ばかりですえーん結局反対の腕からは採れず、同じ腕で場所を変えて採ってもらったのですが、忙しいのにあんなに時間をかけて採血してもらって申し訳なかったです謝罪~!


その後1時間ほどして4階に呼ばれました。そこから内診に呼ばれるまでも早かったです。今日もやっぱりS先生でしたうふ化学流産直後の4月の最初くらいに最後に院長先生に診てもらってから、1度だけS原先生もありましたが、それ以外はかれこれ4ヶ月近くずっとS先生です。最初の頃の怖いイメージが抜け切れず、変な質問でもしようものなら笑うな顔をされてバッサリ斬られるんじゃないかと緊張しますが、この頃はS先生だとわかるとちょっとホッとします顔

内診では相変わらず無言でしたが、右の卵巣に卵らしいものが見えたような?でも大きさも特に測ってなかったので、卵じゃないかったのかな?

診察室では・・・

S先生:「今日はD2、D3の数値としてはまずまずといったところだね。特に大きな遺残卵胞もないし、次は13日目の29日になります。スプレキュア使うかもしれないから持ってきてね」

私:「はい、ありがとうございました」

と、まさに秒察bikkuri01滞在時間15秒くらいでした(笑)

気になるホルモン値は・・・

E2:47 LH:14.5 FSH:15.8

でした。前回23くらいあったFSHは下がってくれましたが、それでもまだ高めですね・・・うーん今回マーベロン朝晩19日でリセットさせたら、またもやぐーんと上がってしまいそうな予感がしますorzあと今回はLHが過去最高に高かったです汗とかほんとこの安定しないホルモン値はなんなのでしょうね~怖い

この日会計まで終わったのが11時40分くらいでした。ずっと以前は平日だと1時間で終わる時もあったのですが、今は平日2時間が平均ですね。

最後に全然関係ないのですが、今日からジブリの最新映画が公開されることもあって、この頃しょっちゅうテレビでジブリの特集や映画を目にしますとろろそこによく登場するジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんという方が、我らの院長先生に雰囲気似てる気がして仕方ありません!写真で見るとそこまででもないのですが、眉間にしわを寄せて、ちょっと斜に構えて話す姿にはかなり近いものを感じますにっこり一緒にテレビを見ていた夫も「ほんとだ、似てるねぷぷって言っていました。動画を探してみたのですが見つかりませんでした。残念!それではそろそろ出かけてきますね~!

[2008/07/19 10:48 ] | クロミフェン周期⑧(お休み周期④プラノバール19日) | コメント(2) | トラックバック(0)
D23 プラノバールあと3日
7月1日から飲み始めたプラノバールもあと3日で終わりですカプセル1日から12日までなので、数えやすくて嬉しいですsc06目立った副作用はないのですが、なぜか飲んですぐではなく、朝起きた時がちょっと気持ち悪いです怖い予定では17日に生理が来て、19日がD3で通院日になるのですが、またもや通院日に抜けられない予定が入ってしまいましたorz調整期間なので、めったに通院はないはずなのに、いつもばっちり都合が悪い日と重なってしまいます汗

さっき夢クリに電話をして通院日をずらせるかどうか聞いてみると、「次回も調整なので、D2かD4のどちらかに来てもらえればいいですよ」とのことでした。夕方だったからか、今日はあまり待たされることなく、すぐに答えてもらえましたうふ本当はD3に行って正確なホルモン値を見てもらいたいところですが、仕方ありません。。。採卵、移植周期だとこうやって融通を利かせてもらうことはできないのでしょうね~。少しでもD3に近づけるように、前日の夕方に行ってみようかなと思っていますjumee☆faceA1

ずっと前に仕事を探すという話をしたのですが、いろいろと探してみたものの、最低3ヶ月、基本は6ヶ月以上の長期でできなければちょっと・・・条件が合わずなかなか見つかりませんでした大泣きでもようやく8月いっぱいくらいまでの短期でもいいと言ってくれる仕事が見つかるかもしれませんbikkuri01もし雇ってもらえたら、8月は通院日以外は毎日入れてもらいたいな~と思っています。

実はバイトをしたお金で買いたい物が2つありますにっこりそれは一つがミシンで、もう一つがホームベーカリーです。裁縫はものすごーく苦手なのですがsnフラのレッスン用のスカートとか、自分で作れたら安上がりだし楽しいかな~とニコニコ。 正面ホームベーカリーは義理の母が最近友達からもらってはまってるという話を聞いて、興味がわきましたピース後はもうすぐ(と言っても3ヶ月くらい先ですが)夫の誕生日なので、いつも頑張ってくれているお礼に何かいいもの買ってあげたいなと思っていますたんじょうび!

そのためにはまず採用されなきゃですね~。来週の試験と面接頑張りますあ

[2008/07/10 19:01 ] | クロミフェン周期⑦(お休み周期③プラノバール12日) | コメント(14) | トラックバック(0)
新たな決意
またまたすっかりご無沙汰です謝罪~!長い間更新をストップしていた間、一人で、そして夫と二人でいろんなことを考えました。一時は治療自体を続けることが辛くなってしまい、まだ途中だけど本気で夢クリをやめようと思ったこともありました。

あれこれ悩んで、考えて、結局3回目のクロミフェンが終わるまではとにかく頑張る。でもその後は最低3ヶ月(もしかしたらもっと長く)は治療から完全に離れて本当にやりたいことをやるということに決めました。

治療を始めてから3年余り、私の生活は常に不妊治療優先で、その間いろんなことを犠牲にしてきました。そんな過去についての後悔は全くないのですが、果たしてこれから先もこのままでいいのだろうか?と考えた時、ちょっと違う気がしてきました。

子どもが欲しいという気持ちは3年前からずっと変わらず、むしろ以前より強く感じています。結婚して、子どもを産んで幸せな家庭をつくる、小さい頃から当たり前だと思っていたそんなささやかな夢さえ私には叶わないんだ・・・と思うといつも悲しくて、苦しくてやりきれない気持ちになりました。

そうこうしているうちに、後から結婚して、先に妊娠、出産していく友人たちに対して勝手に引け目を感じ、以前のように連絡を取り合うことすらできなくなりました。

そして意を決して臨んだ体外受精、今度こそはと思ったチャレンジもなかなかうまくいかず、さらに自分の体調が以前より悪くなりつつあるのでは・・・という不安から、さらに絶望的な気持ちになってしまっていました。

こんな私って、幸せなのかな?と考えた時、うまく答えが出せませんでした。治療のために、と思って頑張ってきたことが、逆に自分の気持ちを縛って、追い詰めてしまっているのかもしれないと思いました。

一度これまでのいろんなことを全部リセットしたい、今はそんな気持ちです。

この先どうなるかわかりませんが、次の3回目は、最後の治療にするつもりで頑張ろうと思っていますはずかちーv

[2008/07/10 18:22 ] | 思うこと | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。