スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
父からの電話(今日も長いです)
今日も9時から8時まで働いてきました~。仕事自体は7時頃に終わったのですが、思わぬアクシデントがあって職場を出たのは8時過ぎ ̄疲れて晩御飯を作る気力がなくなったので、この後夫が帰ってきたら近所のお店に食べに行こうと思っていますjumee

昨日採血後3階で待っている時、携帯に電話がかかってきました。バイブにしているので、いつも外出中はあまり気がつかないのですが、この日はたまたま目に留まりました。実家の父親からでした。携帯に電話をかけてくることはほとんどないので、何か良くないことでも起こったのかと心配になり、フロアを抜けた一番先にある扉を開けた階段の踊り場のところで電話をかけなおしました。

最初はたわいもない話だったのですが、途中から子どものことはどう考えてるの?と直接尋ねられました。

「きっといろいろあるんだろうと思うけど、ティアレは本当は子どもが欲しいんじゃないの?お父さんも早くそうなればいいなと思ってる」
と言われました。

前にも書きましたが、実家の両親には不妊治療をしていることは一切話していません。子どものことを振られても、できるだけ興味がないふりをして「そのうちね」とごまかしてきました。だから父からいきなりそういう話を切り出されて、正直とても戸惑いました。

でもまさに治療の最中であることを実感させられる場所にいたせいなのか、あの瞬間が話すタイミングだったのかわかりませんが、これまで頑なに話すことを拒否していたとは思えないくらいすんなり「実は3月くらいに流産して、今はお休み中なの」と言ってしまいました。

父は本当に驚いたようで「そうだったの・・・」とその先の言葉が続かない様子でした。

電話を切った後は「ああ、言っちゃったなあ」という気持ちと、「やっと言えてよかったなあ」という気持ちが入り混じった、何ともいえない複雑な心境になりました。

その後、伝え切れなかった気持ちを伝えるために、父にメールを打ちました。

「いろいろありがとうね。○○くんも○○(実家の町)に帰れて喜んでたよ。

それから子どものことだけど、私たちもずっと前から欲しいと思ってきました。でもなかなかできなくて、やっとできたと思ったら化学流産だったから、本当にうまくいかないものだよ。

でも○○くんはとても子ども好きだし、家庭やプライベートを大切にするために仕事をしているって言ってくれているくらいだから、ちゃんと真剣に考えてくれているよ。もちろん私も同じ。私がアメリカから帰ってすぐに正社員の仕事を探さなかったのは、子どものことを第一に考えたかったからです。

お父さんたちや○○ちゃん(姉)にはなかなか想像がつかないかもしれないけど、世の中には子どもが欲しくてもなかなかできなくて、私なんかよりももっと辛くて苦しい思いをしている人もたくさんいます。

ずっと言ってなかったけど、きっとお父さんもお母さんも心配してくれているんだろうなと思うと、いつもとても胸が痛みました。本当にごめんね。

実は義理の両親にはずっと前から事情を話して、いろいろ相談に乗ってもらっていました。でもお父さんたちは距離的にも離れているし、変に心配かけたくないなあと思って今まで黙っていました。

こんなことを話してしまうとどうしても気になってしまうと思うけど、もうしばらく気長に見守っていてください。きっと私たちには私たちのタイミングがあるのだと思います。

○○くんも私も、諦めなければいつかうまく行く日が来るって信じてるから。長々と書いちゃったけど、私たちは今のままでも十分幸せで、楽しく暮らしているので、どうか安心してください。」


メールを打ちながらなぜか涙があふれてきて、何度もトイレに行って涙を拭きました

夕方父から返信が入っていました。

「ティアレ、ごめんなさい!メールの扱いに慣れていないものだから、最後まで読んでおりませんでした。いままでなんで赤ちゃんが欲しくないのかなと思っておりました。本当のことを言うと、○○くんとティアレの赤ちゃんを心から抱きしめたいと願っておりました。ティアレたちも同じ気持ちだと知って、気持ちを共有することができました。話してくれてありがとう。○○くんにもよろしく伝えてください。   父より」

また泣けてきました。今私にできることを精一杯頑張ろうと改めて思いました。

スポンサーサイト
[2008/07/30 21:49 ] | 思うこと | コメント(12) | トラックバック(0)
<<ラスト30分 | ホーム | D13 診察(長文です)>>
コメント
ティアレさん、こんにちは。
とってもお久しぶりのような気がします。
あまり更新されてなかったので、きっと忙しいのだろうと思っていました。
ご実家の両親は不妊治療のこと知らなかったんですね。
なんだか読んでいて、私も涙ぐんでしまいました。
私は3月の流産で、自分の両親にも義父にもばれてしまったので、すべてを話しました。
結局は、それでかなりスッキリしました!
うちの親は何でもオープンの家なので、その後は治療についても色々言ってきます。治療についてやめろとは言いませんが、自然に逆らう事だからと不妊治療はホントは反対のようです。
そして流産のあの手術の辛い経験を、私に二度として欲しくないって思ってるようです。
親は、いつも言葉にしなくても子供の事が心配なんですよね。ティアレさんのご両親も、ずっとずっとティアレさんのこと心配してたんですね。
これからも無理なく治療、頑張って行きましょうね!
[2008/07/31 10:18] | URL | よっぺ #LbYl9WXI [ 編集 ]
読ませていただいてたら、私も涙でちゃいました。私も海外にいる間三年間は両親にも友達にも言えなくて、それを知らない母に、いつまでも作らないでいると、本当に欲しい時出来なくなるよと言われ辛かったです。帰国後初めて打ち明けたときは本当にびっくりしてショックを受けたみたいだけど、今は頑張ってる私を暖かく見守ってくれていて、あの時言ってよかったなと思うようになりました。ティアレさんも自然に言えた今回が良いタイミングだったかもしれませんね。素敵な暖かいお父様の言葉にじ~んときました
[2008/07/31 12:59] | URL | ももうさぎ #- [ 編集 ]
ティアレさん、久しぶりです。
ティアレさんのお父さん、きっと前々から気になさってて、今回の帰省の時に何かを感じられお電話されたんでしょうね。私もティアレさんと同じで、遠く離れてる両親に心配かけたくない一心で治療の事は話してません。が、むこうから聞いてきたら私もお話すると思います。良いタイミングでお話されたと思いますよ。お父さんの言葉もすごく温かくって、ほんとに泣いてしまいました。素敵なお父さんですね。
ティアレさんもすごく忙しそうなので心配ですが、どうか無理なく治療して行きましょうね。いい結果がでるように応援してます!!
[2008/07/31 15:41] | URL | めぐ #niSanOG6 [ 編集 ]
よっぺさん、私こそすっかりご無沙汰してしまってごめんなさい。仕事は始まってからは忙しくなりましたが、それ以前はなんだか精神的に落ち込んでしまって、ちょっと治療から離れたいという気持ちになっていました。でもどんなに辛くても今は絶対逃げちゃだめなんだなあって思いました。これからまた新しい挑戦が始まりますが、何があっても逃げずに立ち向かっていこうと思っています!
長い話を読んでくださってありがとうございます。まだ具体的にどんな治療をしているのかまでは話せていないのですが、少しずつこれまでの分もまとめて話していこうと思っています。うちの両親は不妊治療自体全く未知の世界だと思うので、どこまで理解してくれるかなあと考えると、やはり全てを話すのを躊躇してしまうところもあります。
よっぺさんも義理のお父様にお話されたのですね。話す前はあれこれ悩んでいましたが、いざ話してしまうとほんとにスッキリするものですね^^
親から見たら、いつまでたっても子どもは子どもなのでしょうね。よっぺさんのご両親もきっと何よりもよっぺさんに辛い思いをしてもらいたくないというお気持ちでおられるのでしょうね。いつの日か、両親とあんなこともあったよね、と笑い合える日がくることを信じて頑張っていきましょうね!これからもよろしくお願いします!
[2008/07/31 22:02] | URL | ティアレ(よっぺさんへ) #- [ 編集 ]
ティアレさんもお父さまもどちらもお互いを思いやった温かいメールで、私も涙ぐんでしまいました。。
でも話せてよかったですね!
私は自分の両親にはオープンですが、義父母には話せてません・・・!
会うたび、今年こそできるわよー、大丈夫!とか言われ、ですかねーとヘラヘラしてますが、本当はすっごいお金も時間もかけて努力してるんですよーと訴えたくなるときもあります・・・・。
なかなか難しいですね。
まー、みんな私たちの幸せを願って心配してるんですよねー!
みんなを喜ばせてあげられる日を目指して、一緒に頑張っていきましょう!!
[2008/07/31 22:12] | URL | フー #- [ 編集 ]
ももうさぎさん、お久しぶりです!すっかりご無沙汰してしまって本当にごめんなさいね。長い話を読んでいただいて本当にありがとうございます。
私も不妊の経験がない親からは、帰るたびに遠慮がちながらはっきりと子どもはまだ?という雰囲気を感じてしまい、段々帰りたい気持ちがあっても帰れなくなってしまいました。両親ともに、なかなか連絡もしないし、帰ってこない娘のことを、言葉にしなくてもずっと気にかけてくれていたんだなあと思いました。私にも変な意地もあって、妊娠するまでは絶対に話さない、なんて思っていましたが、今回話せて肩の荷が下りたというか、ちょっとホッとしました。
ももうさぎさんもご両親にお話されたのですね。やっぱりそれぞれに言うべきタイミングがあるのかもしれませんね。ももうさぎさんとご両親の願いが一日も早く叶いますよう、私も応援しています^^
[2008/07/31 22:18] | URL | ティアレ(ももうさぎさんへ) #- [ 編集 ]
めぐさんありがとうございます!私もめぐさんと同じく、心配をかけたくない一心で、今日までひたすら秘密にしていました。めぐさんのおっしゃる通り、今回の帰省で甥っ子と触れ合う私の姿を見た父はきっと何かを感じて、思い切って私に話したのだと思います。
普段は離れていることもあってなかなか意識しない親のことですが、今回ばかりはありがたみを感じたというか、親の存在の大きさを実感しました。
5ヶ月ぶりの治療再開は期待より不安の方が大きいですが、できるだけ前向きに、できることをやっていこうと思っています!
めぐさんもいよいよ移植周期突入ですね!無事に大切な卵ちゃんをお迎えできますよう、心からお祈りしています!!
[2008/07/31 22:24] | URL | ティアレ(めぐさんへ) #- [ 編集 ]
フーさん、すっかりご無沙汰しています!しんみりした話に付き合ってくださってありがとうございます!
私も義両親に話せなかった時は、無理して明るく振る舞って子どもの話題を受け流そうとしてきました。でもいつも「ほんとは時間もお金もたくさんかけて、心身ともにボロボロになるくらい頑張ってるけどできないんだよー!!」って叫びたい気持ちでいっぱいでした。本当に難しいですよね。。。
フーさんがおっしゃる通り、両親も義理の両親も私たちの幸せを願うから、あれこれ心配してくれるのですよね。信じて頑張れば、きっとみんなを喜ばせてあげられる日が来ますよね!
フーさんはもうすぐ採卵ですね!今回が運命の卵ちゃんに出会える、最後の採卵になりますように、心からお祈りしています。
[2008/07/31 22:31] | URL | ティアレ(フーさんへ) #- [ 編集 ]
ティアレさんは、両親にお話されてないんですね。すごいなぁ・・・。私は、夫の親には言えないけれど、自分の親には言ってしまいました。
ただ、母はあまり父に詳細を話してないようで、父は、なんとなくしか知らなかったらしく、この間、実家に帰省して、父と二人きりになった時に、「病院はどうなの?」って聞かれたんですよ。父親から聞かれるのって、母親から聞かれるより、ドキッとしますよね。父親って、黙っているように見えても、すごく色々心配してるんでしょうね。
だからティアレさんのお父様も同じだと思います。そして、お父様のメール、親心が伝わってきますね。私もジーンとして涙が出ちゃいそうでした。
みんなの応援を受けて、これからもまた一歩ずつ、頑張って行きましょうね。
お仕事、ご苦労さまです!塾の先生だなんて、すごいですネ!お体にお気をつけて!
[2008/07/31 23:27] | URL | ぴーちん #- [ 編集 ]
ぴーちんさんこんばんは!ぴーちんさんは実家のご両親にはお話されていたのですね。ああ、わかります、父親から聞かれるのって、まさかそういう振られるとは予想をしていないこともあって、本当にドキッとしますよね。
私の場合、昔から親にあまり自分の気持ちを打ち明けたことがないというか、自分の親ながら素直な気持ちをぶつけることがあまりないままここまで来てしまったので、余計にこの重い話をどう伝えたらよいのか分からず、こんなにも長い間引っ張ってきてしまいました。逆に義理の親はそういう過去の流れがない分言いやすくて、あまり抵抗なく伝えられたような気がします。
私も父親のメールを見て、これまで言葉にしたくてもできなかった思いをひしひしと感じてじーんと来ました。
義理の両親も含めた親の応援、そしてこのブログを通して知り合った仲間のみなさんの励ましを受けて頑張れる私は改めて幸せだなあと思います^^いつも本当にありがとうございますね!そしてこれからもよろしくお願いします!一緒にゴール目指して頑張って生きましょうね!
塾の先生全然すごくないんですよ!事前に授業準備の時間はほとんど要らない代わりに、授業後の業務が多くて、毎日ヘトヘトです。来週いっぱいは目一杯入れてしまいましたが、再来週以降は徐々に減らしてもらおうと思っています!明日も頑張ってきますね~!
[2008/07/31 23:50] | URL | ティアレ(ぴーちんさんへ) #- [ 編集 ]
私もテイアレさんのブログ読ませていただいて涙が出てきました。うちもずっと両親に子供のこと聞かれても「まあそのうち」とか言ってごまかしていました。卵巣のう腫で手術したときも「これですぐできるわ」って安易なコトバを言われ、ショックを受けていたのを覚えています。結局こっちに転勤してくるときに実家に帰ったとき、また子供の話がでたので思い切って不妊治療していることを打ち明けました。やっぱり告白してるときも涙がでてきて・・・。両親は両親で「不妊なんて知らないから子供作る気がないのかと心配していた」ようです。最後に不妊であることを打ち明けたら「まあ子供がいなくても幸せな人生送ってはる人はいるし・・・」って感じでした。
でも打ち明けたあとはすっきりしませんでした?
[2008/08/04 15:12] | URL | 舞い降りる天使 #- [ 編集 ]
舞い降りる天使さん、こんばんは!舞い降りる天使さんのメッセージを深く頷きながら読みました。
子どもを作るために頑張ってるよ、と面と向かって報告するのも何となくためらわれ、しかも余計なことを言って変に心配させてはいけないと思い、いつもその話題が出た時は何となくはぐらかして過ごしていました。
うちの両親も不妊というのは想像もつかなかったようで、作る気がないものとばかり思っていたようです。舞い降りる天使さんのご両親もきっと話してくれてよかったと思っていらっしゃるんじゃないかなと思います。
親に報告する時泣けてくるのは一体なぜなのでしょうね。悲しいとも辛いとも違う、いろんな気持ちが入り混じった何とも説明のつかない不思議な涙でした。
私も打ち明けた後はかなりスッキリしました!まだ直接電話で話ができていないのですが、今度詳しく聞かれたら、全て隠さずきちんと話そうと思っています。
舞い降りる天使さんの治療がこのまま順調に進んで、一日も早くご両親に嬉しい報告ができる日がきますように☆心から応援しています!
[2008/08/04 22:20] | URL | ティアレ(舞い降りる天使さんへ) #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tiare090107.blog121.fc2.com/tb.php/141-133848ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。