スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
採卵までのこと
毎度のことながら、すっかりご無沙汰してしまいました。ここ1ヶ月くらいで本当にいろいろあって・・・気持ちの整理をしながら少しずつ書いていこうと思います。

まずは採卵周期のその後の経過から・・・

かなり時間が経ってしまったので、一気にまとめて書いちゃいますね。

D9(8月31日):すえたん先生

ホルモン値
E2:285 LH:12.5 FSH:7.5

卵の大きさ:12.6、 14.3、 13.4ミリ

「9日目にしては大きいですね、でもE2も順調に伸びてます。E2が伸びてFSHが下がってきたので、3つ確実に採るためにフォリスチム(150単位)を打ちましょう。自分のホルモンだけだと一個しか採れないことになるかもしれないから」


D11(9月2日):S原先生

ホルモン値
E2:872 LH:11.5 FSH:8.5

卵の大きさ:19.8、 18.7、 17.1ミリ

「卵もいい大きさになったので今日スプレキュアして明後日採卵しましょう。セロフェンはもう終わりです。3つ全部採れたらいいですね」

この時、卵の成長具合、ホルモン値が一回目のクロミフェン周期採卵(空胞)の時と全く同じ感じだったので、空っぽではないでしょうか?と聞いてみたのですが、「ここまで来たら採るしかない、ここで辞めたら一回分無駄にすることになるよ」と言われました謝罪~!

でも、少なくとも治療を始めてからのこの4年間を振り返ってみても、D13で排卵なんてことは一度もなかったので、これはきっとダメだろうな・・・とすでに諦めの気持ちで採卵の日を迎えましたうーん

 

スポンサーサイト
[2008/09/19 16:32 ] | クロミフェン周期⑨(3回目採卵周期) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<4回目の採卵① | ホーム | D4 診察(長文です)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tiare090107.blog121.fc2.com/tb.php/150-abb61bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。