スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夢クリニックデビュー~自然周期採卵まで
ここで簡単に夢クリニックデビューから現在までをまとめておきます。

11月1日(D11) 初診
内診の結果卵巣に腫瘍らしきものが見つかり、院長先生に「前からあったものだとしたら悪性を疑う」と言われかなりへこみました・・・。そういえば9月に生理の周期がかなり乱れたことがあり、その時に近所の産婦人科で診てもらったのですが、うっすらと「こののう腫っぽいのはなんだろうな・・・」といわれたような気も。。。あの時からあったのかもなあと思いさらに落ち込みました。卵胞の育ちも遅く、排卵はまだまだ先になりそうだということで、腫瘍マーカーの採血だけしなおして終了。

次は5日後に行くことになったのですが、この検査結果を待つ5日間はとても長く、あまりに心配だったので近くの(この前とは別の)婦人科でセカンドオピニオンを聞きに行きました。結果悪性ではなさそうだと言われ一安心でしたが、それよりもホルモン値が典型的なPCOのようになっているのでこちらが気になると指摘されまたまた動揺。ちなみにその時のホルモン値は


 E2:90 LH:19.2 P4:0.7 FSH:10.6 TES:77.7

でした。どうやらLHとTESが基準よりかなり高いらしいです。ホルモン値についてはこれまで何も言われたことがなかったのでかなりショックでした。約1年間いろいろ頑張って体を整えてきたつもりだったのに、逆効果だったのかな。。。としょんぼり


11月6日(D16)
腫瘍マーカーの結果、やはり悪性ではなさそうなので経過観察ということになりました。前日セカンドオピニオンを聞きに行った先生に、まだまだ排卵しそうにないと言われていたのできっと卵は育ってないんだろうなと思っていたら、院長先生に「排卵しそうなのが一つある」と言われてビックリしました。血液検査の結果この日のうちに採卵するのがよさそうだという判断で急遽採卵に。噂どおりの展開の速さだなあと感心しているうちにすぐ採卵。私の前に移植の方が一人おられたようですが、採卵は私一人だったので待ち時間もほとんどありませんでした。採卵の痛みはどれほどなのだろうとかなりドキドキしていたのですが、本当に採血よりも痛みがなくあっという間に終了。あとでいろんなブログや掲示板を見ていてもみなさん痛くなかったとおっしゃっていたので、やはり院長先生の採卵技術は素晴らしいんだなと思いました。あとでガーゼを取る時の方が痛かったくらいです。リカバリールームもとてもきれいで人生初の採卵でしたが、これまでの恐怖心は完全になくなりました。

しかし残念ながら採卵された卵は空胞でした。院長先生のお話では「卵胞液はあったのだけど中身がなかった。理由として考えられるのは二つ。一つ目は採るのが早すぎた。二つ目はLHが十分上がりきらずに排卵したということ」 とのことでした。院長先生の手には試験管に入った卵胞液がありました。薄い黄色の液体でした。普通だったら絶対に目にすることができないものをみられたことにちょっと感動しました。あと「黄色なんだ~」というところにもちょっと驚きました^^。なんだか理科の実験みたいで面白かったです。


院長先生に「次もしやるならクロミフェン周期だけどどうする?」と言われ思わず「やります」と答えてしまったのですが、実はこの続きはまだちゃんと考えておらず。。。とりあえずマーベロン14日分をもらって帰りました。あとLHが上がりきらなかった時の可能性を考えてスプレキュアをしました。

スポンサーサイト
[2007/11/22 12:51 ] | 完全自然周期 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<マーベロン服用6日後 | ホーム | はじめまして>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tiare090107.blog121.fc2.com/tb.php/2-0ebfe470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。