スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
D13 嫌な予感的中
3日後の7月27日(木)に、卵の育ちを確認するため通院しました。この日の担当もすえたんでした。

内診では、左の内膜症の下に13.2ミリ、右に10.1ミリの卵が見えました。どうやら育って来たのは一番避けたかった左の内膜症の下の卵のようでした涙しかも3日で3ミリしか大きくなってない・・・うーんやっぱり先月と同じようになってしまうのかな・・・困り顔と、内診後一気に気持ちが落ち込みました泣

具体的な言葉は忘れてしまったのですが、診察室ですえたんには

・卵の大きさとE2の値が合っていない
・内膜症の下にあるので採卵は難しい
・卵はまだ小さいのにLHが上がり始めている


ということで、あまり良くない状況ですね・・・
と言われてしまいましたorz

この日のホルモン値は

E2:114  LH:30.0  P4:0.4  でした。

恐る恐る、「先月からちょっと変なのですが、何が原因なのでしょうか?」と聞いてみたところ、「それはあなたの卵巣機能が低下しているからです」と気持ちがいいほどにバッサリorzさすがは我らがすえたんです笑

次回はまた3日後、排卵確認をすることになりました。D16の指定です。これまで排卵が早くなることはあっても、遅くなったことはほとんどなかったので、何か良くない状況になりつつあるのかな・・・と不安になりましたsn

今月もドミノ移植を考えていたのですが、この日の結果で採卵はほぼなくなりました。でも仕事のことなどを考えると、やはりどうしても今月移植したいファイト少しでも移植できる可能性が上がるのであれば、排卵後からデュファストンを飲ませてもらえるようにお願いしてみようダッシュと思いました。
スポンサーサイト
[2009/07/27 18:25 ] | 通常料金⑨(自然周期移植) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<D16、D17 移植日決定 | ホーム | D10 嫌な予感・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tiare090107.blog121.fc2.com/tb.php/257-67afb45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。