スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
D16、D17 移植日決定
前回の微妙な結果から3日後、排卵確認のため、夢クリに行きました。

この日の担当はF田先生でした。内診の時に「ああ、下にできてしまってるね~」と残念そうな声が聞こえました。内膜症の下の卵が22ミリ×14.4ミリになっていました(つぶされて横長・・・むぅ・・・)

診察室では、「この後スプレキュアをして5日後移植になります」と言われ、すぐに終わりそうになったのですが、「あの、デュファストンを・・・」と私が切り出したところから話が長くなりましたsn

私が伝えたことは・・・

今月どうしても移植がしたい
       ↓
これまでの経過から、あまり良くない卵なのではないかと言われているので、移植当日のP4が上がらない気がする
       ↓
以前ドミノで移植をしようとした時も、空胞だったため、採卵後からデュファストンを服用していた
       ↓
少しでも可能性が上がるのであれば、今日からデュファストンを飲みたい


という内容でした。それに対するF田先生の答えは

こちらとしては考えられるベストな治療法を提示しているのであって、社会的な要因(私が仕事のことを話したので・・・)までは考えられない
        ↓
良くない排卵なのかどうかは、この後のホルモン値を見てみないと何とも言えず、「気がする」のような仮定で話を進めるわけにはいかない
        ↓
デュファストンを飲んだからと言って当日のP4の数値に反映されることはなく、むしろ自分で出すホルモンに変に横槍を入れることになる


よって、結論としてはデュファストンを飲むことは勧められないとのことでした。

それで私も一旦は納得しかかったのですが、最後の最後に「それでもどうしても飲みたいと言ったら、飲ませてもらえますか?」と聞いたら、「僕では判断できないので院長に回します」と言われてしまいましたがーん

2番の診察室を出てから1番に呼ばれるまでの間は、どうしよう、なんて説明したらいいんだろう・・・と緊張と不安で全然落ち着きませんでしたあちゃー

しばらく待って院長先生に呼ばれました。椅子に座って緊張がピークに達した瞬間、なんともアッサリ「デュファストン、飲んだらええんじゃないの~」と言われました土下座

さらに、「スプレキュアもなしで、明日午前中に来て」と言われたので、「明日も来なければだめなのですか?」と聞き返したら、「明日来ないでいつから薬を飲むのかってことやけどkao02と言われました涙

というわけで、何とか無事に排卵後からデュファストンを飲ませてもらえることになりました汗

ちなみに、この日のホルモン値は

E2:251 LH:113.4  P4:0.9  で、  
内膜の厚さは9.9ミリでした。

次の日の診察は、すえたんが担当でしたが、珍しく、長い間カルテを眺めて考えてくれました。しばらく沈黙が続いた後、「午前中に排卵が終わっているので、移植日は4日後になります」と言われました。


その後「E2が低すぎるのとP4の上がりも悪いのが気になる」といつもの調子で言われつつも涙念願のデュファストンを処方してもらいましたkao01

この日のホルモン値は
E2:99  LH:31.1  P4:1.5  でした。
ただ、内膜の厚さは8.8と、一日前から1ミリ以上薄くなっていましたorz

そしていよいよ4日後の移植日を迎えることとなりました。
スポンサーサイト
[2009/07/31 17:05 ] | 通常料金⑨(自然周期移植) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<D21 移植日 | ホーム | D13 嫌な予感的中>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tiare090107.blog121.fc2.com/tb.php/258-03890b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。