スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
D18 遅ればせながら・・・移植の日のこと
みなさん、すっかりご無沙汰しちゃってすみません泣何度も書きかけて、途中で消してを繰り返し、とうとう今日になってしまいました。

まずは移植の日の報告から・・・

当日は8時までに行くようにとの指示があったため、8時10分前くらいに夢クリニックに到着しました。受付番号は10番台前半でした。この日は夫も一緒についてきてくれました。その後すぐに採血だったのですが、診察室に呼ばれたのは10時近くでした。院長先生でした。

院長先生はカルテをめくってじーっと黙ったまま、しばらく無言でした。もしかして今日も中止なのかも汗と思った時、「それじゃ今日移植で」と言われました。

ホルモン値は

E2:122 P4:1.2 FSH:3.6 β-HCG:0.0 でした。

一瞬P4の基準は1以下だったんじゃ!?と思ったのですが、先生からは特に何も言われませんでした。

その後パソコン画面で凍結してある卵を確認してくれましたが、「細胞が薄いところ(ないところ?)があって、卵が破綻する原因になる」とか「周りにゴミ(フラグメント?)がある」などなど、散々なコメント連発で早速凹みました大泣きそうそう、ここで結構面白いこともあったのですが、それはまた今度ゆっくりはずかちーv

診察が終わった後、受付に1万円を預けて夫と隣のエクセルシオールでお茶をして、12時20分頃クリニックに戻りました。培養士さんの説明は12時半からの予定でした。しかし、ここからが予想もしなかった出来事の始まりで・・・。待てども待てども培養士さんからの説明は始まらず、1時を過ぎた頃ようやく培養士さんが降りてきてくれました。番号からいって、私たちはきっと最初の方に呼ばれるだろうなと思っていたのですが、次々と後の番号の人が呼ばれだし、4人ぐらい終わった後、とうとう培養士さんは部屋に鍵をかけて行ってしまいました ̄□ ̄

不安になって受付で聞いてみると「培養士が先生に確認したいことがあるみたいなので、もうしばらくお待ち下さい」と言われ、嫌な予感が高まりました謝罪~!

その後1時半頃再び培養士さんが降りてきてくれて、やっと番号を呼ばれました。培養士さんから出た言葉は、「融解した卵の戻りが悪くて、先生にこのまま移植していいかどうか確認していました」というものでした。その時見せてもらった卵の写真はこれ一体どうなっちゃったの!?と思うような、見たこともない形でした涙30分おきくらいに様子を観察してくれていたようで、「これ(最初の30分の写真)を見た時ちょっとまずいとおもったんですよね・・・」と申し訳なさそうに言われました。あと30分様子を見て決めるということになりましたと言われ、2時前くらいに再び培養士さんと話をしました。結局「とりあえず移植をして様子を見るということになりましたので」と言われ、移植が決まりました。ただ、その時見せてもらった卵の写真も30分前といまいち違いがわからないようなとても微妙な感じで、なんとも言えない複雑な気持ちになりました泣培養士さんは「30分前に比べるとこの周りのところもしっかりしてきていますし」「もっと小さな卵で赤ちゃん産んだ人もいますから。嬉しい意味で予想を裏切ってくれる卵もいますよ」などと励ましてくれましたが気持ちは晴れず、複雑な気持ちを抱えたまま5階に上がりました。ちなみに卵は凍結までにかかった時間が138時間で、グレードは3、AHあり、でした。

移植も院長先生でしたが、本当に痛みもなくあっという間に終わりました。看護師さんの実況中継とともに、オペ室の大きなモニターに映しだされた卵がカテーテルに吸い込まれていく光景は、まるでテレビの中の出来事のようで、思わず「すごい」と声に出して言ってしまいました顔一つとても嬉しかったのが、チョコ破裂未遂騒動の時にお世話になった大好きな看護師さんがオペ室にいてくれたことですにっこりこの看護師さんにいい報告ができたらいいのになあと心から思いましたrainbow

それから今日までの1週間、私がちゃんと信じてあげなければと思いつつ、なかなか前向きな気持ちになれず涙、いっそこのまま治療自体やめてしまいたい、とさえ思いました。

移植した卵の写真を見て落ち込む私に夫は「なんでそんな風に思うの?俺は移植できただけですごいと思ったよ~。だってほら、なかなか面白い形してるじゃんにっこりきっとこれは笑わせようと思ってるんだよ~。元に戻るのが遅かったのも俺に似てのんびりな子なのかもよ」とかなり前向きで、少し気持ちが和らぎましたjumee☆faceA1

長くなってしまったのでこの辺りまでに・・・。これからちょっと出かけますので、続きは今晩か明日の朝書きますね。あとコメントのお返事も遅くなってしまってごめんなさい!こちらももうしばらくお待ち下さい!!

スポンサーサイト
[2008/03/28 17:21 ] | クロミフェン周期④(1回目HR周期移植→化学流産) | コメント(2) | トラックバック(0)
<<D25(BT7日目) 判定日 | ホーム | D18 移植>>
コメント
ティアレさん、まずは移植おつかれさまでした。
そして、そんなお辛いことがあったのですね・・・。
移植どうだったかなってずっと気になっていて、その後の記事で何があったのだろう、とすごくすごく心配してました。
勇気を振り絞って書いてくださってありがとう。
あんまりショックだと何もかもどうしてよいかわからず、またブログすら書けない気持ち、わかります。(私も採卵前、全部だめかもと思ったとき、ブログも治療も辞めてしまおうかと思ったことがありました)
大事な大事な卵ちゃんの待ちにまったお迎えで、融解の戻りが悪いなんて。。。
確かに、採卵後に培養士さんからそういうことも起こりうるとは聞いたことがありますが、どうして自分だけ、なんて考えちゃいますよね(泣)
簡単に元気を出して、なんて言えないけど、でも旦那様の前向きは励ましは救いですね。
判定日ももうすぐですよね。
お祈りしています!
[2008/03/28 18:12] | URL | 藍 #jEFD2zn2 [ 編集 ]
藍さん、ご心配おかけして本当にごめんなさいねv-393藍さんのメッセージ、本当に嬉しかったですv-353
移植の日にまさかこんなことになるとは想像もしていなかったので、頭の中は大パニックでした。培養士さんの話を聞いても、「これはもうきっとダメってことなんだろうな・・・」としか思えず、移植してもらった時も嬉しさよりも不安な気持ちの方が大きかったです。
日が経つほどに、これ以上どう頑張ったって無理なんじゃないかという気がしてきて、何もかもが虚しく思えてきましたv-409本当は一番卵のことを信じてあげなければいけない時期だったのに、申し訳ないことをしたなあと思います・・・。
まだまだどうなるかわかりませんが、今回の結果は私にとっては大きな励みになりましたv-278奇跡なんて絶対起こらないと思っていたけど、やはりこの治療においては奇跡はあるんだと思いました。生命の誕生自体がすでに奇跡ですものねv-353藍さんの移植が無事に進まれますよう、今度は私が応援する番です!頑張ってくださいね~!
[2008/03/30 09:16] | URL | ティアレ(藍さんへ) #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tiare090107.blog121.fc2.com/tb.php/85-8de3c949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。